2003年08月の新着情報

わっ!すごい。

陶芸体験をした直樹君。出来上がったよの連絡にお母さんと妹さんで取りに来てくれました。作品を見ての第一声が「わっ!。すごい」
本当にすごい。湯飲みの「伊羅保」は、渋い。なかなか小学生とは思えない色選びです。
(2003.08.26)
浜松からは初めてのJAF会員一号の陶芸体験です。

浜松に引っ越して一ヶ月とか、ルリさんの陶芸体験が、JAF会員としては、浜松地区第一号の方です。アジサイの葉っぱのお皿に挑戦。丁寧な仕上げで焼き上がりが楽しみ。
(2003.08.23)
テレビのようにはいかなかった

まだ真夏なのに秋雨の降る中、富士市からロクロ体験に来てくれた、
大村君兄弟。テレビCMで見たロクロ作業が簡単に見えたから自分もやりたかったそうで、やってみると難しい。お兄ちゃんは、ご飯茶碗とぐい飲みを、弟の昴くんはご飯茶碗とコップを作る。ぐい飲みに名前を入れる真剣なおにいちゃんとそれを見つめる弟。出来上がったら宅配便で送ります。出来上がりは9月になりますが、夏休みのいい思い出作りになったでしょう。
(2003.08.16)
初めての

前回ロクロで引いたはじめての作品を今日は高台削りです。削りすぎて穴が開きそうで心配で、こわごわカンナを使っています。先生が削ると、大胆にガバッと削るので穴があきそうというと「大丈夫、そのときはごめんごめんで許して」と、ひとごとのように言いますが、でも開きませんでした。慎重に慎重にカンナを当てるのがいけないようで、少し大胆に削るくらいがいいのかも。でもなかなかそうわいきません。今はまだ慎重な山口さんと佐藤さん。
(2003.08.12)
幸せになりました。

結婚式の当日、お祝いに来ていただいた方に幸せのおすそ分けのつもりで、四葉のクローバー型の箸置を作りました。こんなふうにラッピングし、裏にはコメントをつけていい思い出になりました。
(2003.08.10)
JAF会員で陶芸体験に
ご夫妻で夏のドライブを楽しむために、陶芸体験を選んでくれました。
河口湖で宿泊し、宿の部屋で横になり窓の外にはどど〜んと。富士山が見えるはずだったが、富士山は恥ずかしがって顔を出さなかったそうで、なかなか姿を見せないのですよ。だからいいんですよ。次に合える楽しみが増すから。そんなこんなで奥様の希望で、マイ湯のみを作られました。もうひとつはビールカップを、出来上がりは一ヵ月後になります。
(2003.08.02)
バックナンバーリスト