2004年05月の新着情報

FMハロー生放送 

ギター片手に粋な帽子を横かぶりにしてさっそうと現れたのは、FMハローの名パソナりティ上嶋潤さん。放送の始まりは上嶋さんの弾き語り、「習いごーとは、習いごーとは陶族のー、陶族のー棲」の歌声でスタート、それは、時はまさに5月28日午後2時30分。軽快な歌声が陶族之棲のに響き渡り軽いのりで楽しいひと時だった。
(2004.05.29)
FMハロー生放送 1

放送を聞いていた方驚きましたか、陶族之棲です。盗賊ではありません。陶族です。気軽に楽しく泥んこ遊びをしましょう。
(2004.05.28)
FMハロー生放送 2

お稽古事、習い事の色々な所を突撃取材の番組で陶族之棲の名前に惹かれて、来てくれました。さなる陶芸クラブの皆さんも快く参加、インタビューに応えてくれている林田さん。
(2004.05.27)
FMハロー 生放送 3

軽快なパソナりティの上嶋さんの口調に、ついつい乗せられて陶族のお頭にされました。
(2004.05.26)
出来ました、薪窯完成 2

窯の全景です。細部の仕上げを急ぐ薪窯制作スタッフ。
(2004.05.25)
変形した鉢を作ります

天竜市横川の蕎麦道楽「百古里庵」で求めた器を参考に作ると、頑張る飯尾さん。
(2004.05.22)
小鉢を作っています

小鉢を作っています。指先に伝わる土の感触に癒されます。同じ物がなかなか出来ないですが、楽しいですよ。「同じ物が出来たらプロですよ、河合さん」
(2004.05.21)
ご飯茶碗ですよ

お揃いのご飯茶碗を作り、今日は高台仕上げ、慎重に作業するのは、桜井さん。菊練りも上手く出来てきました、土殺しも、高台削りも。頑張ったかいがありましたね。
(2004.05.20)
見て、見てよ、ここまで上がったよ。

掛川市からお出での田中さん、ロクロでの土殺しで粘土がここまで引き上げることが出来るようになりました。さあ次の段階は思いどうりの型に引くことです、何を作るかを描いて作ればすいすい出来ます。はい。頑張っていきましょう。
(2004.05.19)
京都組みの

京都からの夜野さん、サウスポーでして、私が戸惑いました。
(2004.05.04)
西からと、東からの同窓生体験記

それは1通のメールからはじまった。5月3日陶芸体験の申込だった。
何処の誰かをわからないけれど山下善子さんのお名前だけはわかった。
前日予約確認の電話で京都から7名様ご一行とわかった。が当日の昼少し前、工房の電話の相手は、東名高速道路の足利付近で渋滞に巻き込まれたとのこと。御殿場まで渋滞でその先も予測できないのでとの声、あせらず気を付けて、夜になってもいいですよ。と伝える、京都と東京の二組とわかる。京都で学生時代を過ごした同窓生とのこと、浜松祭りに目もくれず、陶族之棲え来てくれました。今夜の宿は鳳来寺山の麓の湯谷温泉だそうです。
(2004.05.03)
浜松祭りもいいけれど

凧揚げ会場の歓声が聞こえてきそうな所ですが、祭りもいいが、陶芸体験はもっといい。と、若林町のパリジェンヌさんのケーキを買いに行き陶族之棲のはがきを見て来てくれたのは、藤田さんと村田さんのご姉妹。お二人ともロクロでのお皿を作りました。「使えるのを作ってきてよ」と、お母さんに言われたそうですが、ばっちり上手くいきました。
(2004.05.01)
バックナンバーリスト