2004年06月の新着情報

一輪挿しを・・・・。

お世話になった方が長期入院したの、お見舞いに一輪挿しを作りたいと
頑張っているのは山口さん。いいのが出来ますよ。
(2004.06.29)
納豆を・・・・

朝の納豆をかき混ぜる片口の小鉢が欲しいのと、樹実子さん。久しぶりのロクロ分んない、と言いつつ何とか思い出しています。
(2004.06.28)
子猫ちゃんの、お香立て完成です。

子猫ちゃんのお香立て完成しました。お香たてはちょっと見にくいかな、子猫のおなか辺りに置かれて小指の爪ほどの大きさの、ネズミの型をしています。丸井さんの力作です。
(2004.06.27)
残りの粘土で

残った粘土を利用して、豆皿を作っているのは飯尾さん。タタラの切れ端の粘土を三角に切り端を持ち上げてすすっと豆皿の出来上がり。
(2004.06.26)
さなる陶芸クラブ 6月の様子その2

梅雨にきれいなアジサイの葉を使った小皿を作る早川さん。心はもう出来上がり使っているときを想像して思わず笑みがこぼれます。
(2004.06.25)
さなる陶芸クラブ 6月の様子その1

梅雨時の講座にふさわしく、かたつむりの型をした「蚊取り線香入れ」
藤井さんご自慢の露天風呂に入るとき使うそうです。
(2004.06.24)
長方形の箱型のお皿です

少しづつ仕上がった作品がたまり始めた青島さん、もったいなくて使えないと言いながら新しいものに挑戦。箱型のお皿2枚作ることにしました。まず型紙を作り、タタラに粘土を伸ばして、組み立てていくところです。
(2004.06.23)
ある日の

制作中の細野さんと畦元さん。
(2004.06.22)
ある日の陶族之棲

制作に励む太田さんと小沢さん
(2004.06.21)
陶芸体験ロクロでしました

陶芸も初めてだけど、ロクロで湯飲みを作りましたが、粘土を伸ばしているとき千切れてしまいました、でもどうにかできたよ。たのしかった、素波さんと村松さん。
(2004.06.18)
大鉢の高台削りです

大鉢の高台仕上げをするのは神谷さん。いくつ作っても家に残らないのよ、来た人がみんな喜んで持っていくの、そうでしょうそうでしょう。
だつてこの鉢ならこれからの季節、氷水にそうめんを盛れば最高ですもの、うう〜ん、つるつると、のど越しがいいね。
(2004.06.17)
サウスポーですが

サウスポーでロクロを回す植田さん、手馴れたものです。小皿を作っています。
(2004.06.16)
これがお香立ての猫ちゃんです。

丸井さんが、がんばって色付をしている子猫ちゃんです。焼き上がるとお香立ての受け皿になります。
(2004.06.14)
細かい色付け中

可愛い猫の絵を描いているのは丸井さん。お香立てのお皿を猫にしました。色付をしていますが細かくて、出来上がりが楽しみ、お香を立て心癒されるひと時を想像しています。
(2004.06.13)
体験です。

若林町のケーキの美味しい「パリジェンヌ」さんから陶族之棲の案内のはがきを見てきてくれたのは、高橋さん。体験でする小皿2枚でなくてもいいですかとのことで、2枚分の粘土で大きなお皿に挑戦。蕎麦作りのように粘土を丸く伸ばして、伸ばして型にはめて出来上がり。簡単のようだが粘土を伸ばすのが少し大変でした、何せお皿2枚分の粘土でしたから。
(2004.06.05)
がんばってます

ロクロの経験がまだ浅いのに、基本が出来てきているから思いどうりのものがすこしづづ出来て来ますね、あとは数作れば自然と身になりますよ。がんばる雪島さんと、大庭さん
(2004.06.04)
この手付き、もうベテランですね。

いやすばらして手付き、手馴れたものこれだけ出来て三ヶ月にならない、よく聴いたんですね先生の言うことを、それとも天性のものですか、大庭さん。
(2004.06.03)
バックナンバーリスト