2004年10月の新着情報

窯焚きも最高潮

この辺りが窯焚きの醍醐味。
(2004.10.31)
のんびりと昇る煙

雲間に見え隠れするお月さんまで届いたかな。
(2004.10.30)
窯焚き

始めちょろちょろ
(2004.10.29)
これが期待と不安の始まり

窯に火をつけたときです。時は2004.10.27pm1:30
これから始まる80余時間思わず手を合わせてしまいました。
(2004.10.28)
これが期待と不安の始まり

薪窯に詰めた作品です。手前の空いている所で、薪を燃やします。
(2004.10.27)
いよいよ、登り窯です。3日目

明日はいよいよもう一段詰めて火入れです。焼き終わるまで家に帰りません。よって毎日の情報はしばしお休み。焼成中の様子は来月報告します。
(2004.10.26)
いよいよ、登り窯です。2日目

こんなふうに窯詰をします。動きのとりにくい姿勢での窯詰なかなか大変です。
(2004.10.25)
いよいよ、登り窯です。2日目

今日ここまで詰めました。後1日半くらいで詰め終わりますかな
(2004.10.24)
いよいよ、登り窯です。

窯の中はこんな様子です。奥から作品を詰め始めます。ひとつひとつ火の周りを想像しながらこうなるだろう、こうなってほしいと願いつつつめていきます。
(2004.10.23)
いよいよ、登り窯です。

待ちに待った登り窯での窯焚きの始まりです。まず作品を窯詰する作業が始めです。
(2004.10.22)
中田島幼稚園のお母さん陶芸体験 1

今日は中田島幼稚園のヤングママの陶芸体験。なかなか思うように行かない、まるで我が子の様だなあ、と言ったかどうかわ知らないが頑張っています。
(2004.10.19)
中田島幼稚園のお母さん陶芸体験 2

久しぶりに子供に帰った気分満喫。夢中になって製作中、ひょっとして傑作が生まれるかも、
(2004.10.18)
中田島幼稚園のお母さん陶芸体験 3

上手く出来たと思うよ、我ながら、
(2004.10.17)
中田島幼稚園のお母さん陶芸体験 4

久しぶりで子供に帰った気持ちで夢中になっちゃったかも、これが私の力作よ。仕上げた後の一休みです。
(2004.10.16)
ある日の陶族之棲 1

う〜ん、どうするべきかな、と、考えてますね川瀬さん、高台削りはどれも同じようにしてみましょう。
(2004.10.15)
ある日の陶族之棲 2

高台削りに夢中なのは清水さんと大嶋さん
(2004.10.14)
絵付けをした角皿です。

細かい草花文様の角皿を作ったのは細野さん、作品展に出したらと進める。その前に旦那様に見せてからとお持ち帰り。ちなみに作品展は
11月18日(木)〜23日(火・祝)上島町の四季彩堂で開催します。
いくらで即売してくれるのかな。
(2004.10.07)
ああ、失敗しちゃったです。

高台作り際、カップのふくらみの部分を削りすぎ穴があいちゃいました。残念、ペアのカップにしたかったのに、作り直せばいいんですよ。細野さん。
(2004.10.06)
出来ましたよ

夏休みにお母さんと作った猫が出来上がりましたよ、留南ちゃん、猫のひざに乗っているのはなぜかネズミです。
(2004.10.05)
ラ・アリタリア

店内の横にある陶芸の工房、料理を待つ間にのぞくことも出来ます。
陶芸作品は展示即売もしています。陶芸体験をしてもらうため定休日の木曜日にレストランが陶芸教室になるかも、ご主人目下計画中。
(2004.10.02)
ラ・アリタリア
三方原町に移転して7年目を迎えたイタリアンの店「ラ・アリタリア」
店内に入るとそこはアートの世界が広がっています、ご主人の陶芸、作品、奥さんの蝋細工作品の花が満開です。
(2004.10.01)
バックナンバーリスト