2005年02月の新着情報

必殺技です

深鉢のようにロクロで引いたものを胴の部分を平皿にするということをしています。2分割にしたものを長皿にします。ロクロ目を皿の表面に見せるというもの。長い皿を作るのは最高の技術です。村石さんの得意技の一つです。
(2005.02.19)
今日が最初の

今日が最初の高橋さん、球形のオブジェを作ります、半球の物をつくり
明日張り合わせて仕上げる予定。土の色を違えて5個分作りました。還元の焼締で仕上げたいそうです。
(2005.02.18)
林田さんの個展

さなる陶芸クラブの会員の林田さんは、書道家です、いま磐田市の茶寮ザッパ(0538-35-8758)で展示会を2月20日まで開催中です。書道の展示会か、と思われるでしょうが、一味違う書道展です。紙に書いたものより、陶器、Tシャツ、日傘、着物あらゆる物をキャンパスにして自由な発想で表現しています、書に対するあなたの考えを替えるかも。
(2005.02.16)
林田さんの個展

書く素材は何でもあり、Tシャツにも書きます。
(2005.02.15)
林田さんの個展

陶器に書くのも書のひとつ、本物の書家は書くものを選ばない。
(2005.02.14)
そば打ち体験やりますよ

春は4月9日、花は満開のときを選び、そば打ち体験大会をします。蕎麦はあるけど器がないのです。参加者は誰でも歓迎しますが器を自分で作ってください。箸は用意しますよ。
(2005.02.13)
注文です、奥さんの。

上島の四季彩堂でお求めの湯飲がお気に入りの奥さんからこれを作ってとのリクエスト、手前の白い湯飲が見本。がんばって作っているのは桑原さん。この見本遠江窯の作品と、四季彩堂で言われたそうですが、一目見て違いました。何か勘違いをしていますねお店の方は。
(2005.02.12)
お得意の湯飲みを

もういくつ作ったか、湯飲みは得意です。すいすいとロクロも手早く、高台削りも手早い鈴木さん。お得意は湯飲みの表面に掘り込みを入れること、ときには四文字熟語であったりいろいろです。
(2005.02.11)
今日は大皿に挑戦

大皿も小皿も基本的には同じですよ、がんばってここまで型が出来てきました、次回高台作りをして、後は色付すれば出来上がり、何を盛って誰と楽しいときを過ごすかを聞き忘れてしまいました、また良かったら教えて青島さん。
(2005.02.09)
お孫さんの名前を入れた雛飾り・・・

上島町の四季彩堂からのご注文で三度作らせて頂きました。お孫さんのお名前に雛をつけて、雛飾りの立て看板?、お祖父さんとお祖母さんの思いやりのこもったものだけに、力も入ります。遠江窯の作品です。
(2005.02.08)
こんな風に焼きあがりました

細野さんの渾身の力作が、こんなに素敵に仕上がりました。実家のお母さんに早速知らせて見せてあげてください。
(2005.02.07)
久しぶりの笑顔で

今回は古民家と子供たちを作ります。まず部分部分を作り次回組み立ての手順となります。笑顔で楽しみも増します古田さん。
(2005.02.04)
土鈴つくりです

土鈴つくりは上の方を閉じてしまわないと鈴になりません、その前に中に鈴の元になる玉を入れないといけません。花粉症に悩まされているのにがんばっているのは畦元さん。
(2005.02.02)
ただいま絵付け中

昨年の作品展で売れてしまったお気に入りの平皿を再挑戦で作り直し、
絵付けまで来ました。後は焼くだけです。わき目も振らず一生懸命なのは細野さん。
(2005.02.01)
バックナンバーリスト