2006年02月の新着情報

さなる陶芸クラブ

五月晴れの空が広がるのが早いか、それとも5月人形の仕上がりが早いか、どちらが早いか鯉に聞いてみる?。
(2006.02.28)
さなる陶芸クラブ

今日は5月人形の中のこいのぼりを作る人が多いですね
(2006.02.27)
明かりをつけましょぼんぼりに・・・・

間に合ったよ、かわいいお雛さん、村瀬さんの力作です
(2006.02.26)
出来上がりました

最初の作品出来上がり、思わず笑みがこぼれます。下にあるぐい飲みもそうですよと、池田さん。
(2006.02.25)
高台削りが終われば、

陶印を入れて仕上がり、後は素焼きを待つばかりです。
(2006.02.24)
久しぶり、本当に久しぶりの丸井さん。

でも、腕は忘れてないよね、ご希望のコーヒーカップ引けたんですもの。
(2006.02.23)
あ。あっ、できたけどどうしよう・・・・

鈴木さん大皿が出来ましたね。あ。どうやってろくろから外しますか、つぶしますか。もったいない。そのままにしておいて、後で移動しますから。次回からは亀板を使ってください。
(2006.02.22)
なかなかうまくいかないね

オブジェ作りの高橋さん、母体の部分をろくろで作るが思いどうりに行かなくて苦戦中です。
(2006.02.21)
たたらのお皿作り

表面に変化をつけるために、南京袋、若い人は知らないよね、でも麻のこの布目がいいのよ。
(2006.02.20)
たたらのお皿作り

平均して同じ厚さにするのは力仕事ですね、と谷口さん。
(2006.02.19)
カップの取っ手はこうするの

あっ、そうか。と明子さん、納得してくれました。
(2006.02.18)
高台のここはこうすると良いね

高台削りで目が回るという良美さん、高台のここの処理はこうするとすっきりするよ。
(2006.02.17)
ほんとはかたずけ好きじゃないけど

誰だってかたずけは好きじゃないけど、後から来る顔も名前も知れない人だけど、おなじ陶族之棲の仲間、確りかたずけしますよ、気持ちよく使ってほしいから、私よりいい作品がこのろくろから作ってね、顔も名前も知らない陶族さん。
(2006.02.16)
取っ手のつけ方

仕上げはこうする、感じよく出来上がります
(2006.02.15)
コーヒーカップの取っ手はこうするの

難しいんだけどこうすると良いですよと鈴木さん。
(2006.02.14)
陶印です

焼き物で作るはんこ「陶印」細かい仕事です、文字や絵を彫ります。今回は文字と猫の顔だそうです。真剣になっている美穂子さんです。
(2006.02.13)
削りは調子良いよ

お祖母さんの米寿祝を作ってやらまいか、と。作り出した泉さん高台削りも調子良いよ、
(2006.02.11)
芯だしは・・・・

中心を出すのは簡単のようで難しい。なかなか上手くいかなくなると手こずりますね。
(2006.02.10)
久しぶりにろくろよ

いつもは手ひねりの作品が多い鈴木さん、5月人形のこいのぼりを作ったばかりで、久しぶりにろくろを回します。手は覚えていましたね。
(2006.02.05)
手び練です

お気に入りの小鉢にお揃いで合わせたいと、手び練で湯飲みを作ります。
(2006.02.04)
今年初めて

お休みしたら忘れちゃいました。思い出し思い出しながらのたたらのお皿つくりは、杉山さん。
(2006.02.03)
新年会

初めて顔合わせしたのに、春の花見のころは「そば打ち大会」秋にはバスを貸切一泊で「益子・笠間の窯めぐり」が決定。さすが陶族之棲の仲間、詳しいことは後日お知らせします。
(2006.02.02)
新年会

日ごろ会わない仲間が始めて顔合わせ。
(2006.02.01)
バックナンバーリスト